レイドバックモデリング

より「ゆるく」立体物で遊びます

装動 仮面ライダーゼロワン AI 07 レビュー サブライダー新フォーム、そしてもう一人の映画ライダーが登場

装動ゼロワンもはや七弾。 今回は珍しく純粋にゼロワン勢のみのラインナップとなりました。 早速遊んでみたいと思います。

HGBD:R サタニクスユニット & サタニクスウェポンズ レビュー 大型武器を装備した重格闘戦アーマー参戦

リライズシリーズよりサタニクスアーマーをレビューします。 ガンプラ的にはユニット・ウェポンズに分かれており、更にコアガンダムⅡも必要なので3アイテムを集める必要がある点にご注意あれ。

MODEROID 1/35 アウトキャスト・ブリゲード エグゾフレーム レビュー より遊びやすいオブソリートプラモ入門キット

トードに引き続きオブソリート第一弾の片割れ、アウトキャストブリゲード側のオボンバを簡単にレビューします。 基本的にはトードと同様ながらこちらの方が遊びやすく仕上がっています。

MODEROID 1/35 アメリカ海兵隊 エグゾフレーム レビュー クラシックな雰囲気の、無骨な最新プラモ

いよいよリリースとなったオブソリートのエグゾフレーム。 今回は第一弾のトードをさらっとレビューしてみたいと思います。

HGBD:R ユーラヴェンガンダム レビュー 七番目の、過去のアーマー登場

リライズ2期ラインナップ群の主役機、ユーラヴェンガンダムをレビューします。 基本的な内容はアースリィガンダムを踏襲していますが、新規アーマーに施されたギミックが見所と言えます。 後半はアースアーマー、コアガンダムとの装備チェンジもやってみたい…

ウェーブ SUPER ROBOT HEROES イクスクレア レビュー 海外メーカーからのエッジの効いた挑戦状

少々複雑な経緯を持つプラモデル、ウェーブのイクスクレアをレビューします。 エッジの効いたディティールと折り重なる複雑なパーツ構成も見所の海外よりの刺客です。

ミニプラ 魔進合体シリーズ02 キングエクスプレス レビュー 音速の巨神、ミニプラに最速登場

キラメイジンに続く第二弾は早くも二号ロボであるキングエクスプレスがラインナップ。 全弾の基本を押さえつつもシンプルかつ遊びやすく仕上がったキングエクスプレスをレビューしてみたいと思います。

装動 仮面ライダーゼロワン AI 06 レビュー 放送最新と映画限定のライダー、そして敵役が参戦

装動ゼロワンに新型とプロトタイプが登場。 今回は敵役であるトリロバイトマギアも実装し、シリーズの内容が益々充実しています。

ロボットコンチェルト2 レビュー オリジナルカプセルアションフィギュア一年越しの第二弾

1弾より約一年、ロボットコンチェルトに第2弾が登場です。 基本は同じながら個性を増したロボットと汎用性の高いパーツを備えた手堅い内容となっています。

ミニプラ 魔進合体シリーズ01 キラメイジン レビュー クリアパーツで煌めく令和の戦隊ロボ

毎年恒例のミニプラシリーズよりキラメイジンをレビューします。 今年もまた更に進化した内容で、あらゆる面でオススメなミニプラに仕上がっています。 クリアパーツと特殊シールを採用したこの煌めくミニプラに迫ってみましょう。

メガブロック デスティニー カバルインターセプター レビュー (オマケフィギュアレビュー付き)

ブロック系強化期間も第六弾。 今回はゲーム作品「デスティニー」をモチーフとしたシリーズです。 フィギュア+ビークルという基本的なセットですが、完成度の高さや細かい組み立て等、全く侮れない内容でした。

メガコンストラックス スカイファイアエクゾスーツ & ブリーチャーエクゾスーツ レビュー

ブロック系強化期間第五弾。 マークⅠプロトタイプ同様のエクゾスーツシリーズの二体です。 渋かった前回とは打って変わってヒロイックなカラーリングで盛り上げます。

HG 1/144 RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版) レビュー 万人にオススメできる真のガンプラ

THE ORIGINシリーズに満を持してファーストガンダムが登場しました。 シリーズの特徴である細かいディティールに加えて圧倒的な可動範囲を持つ真の主役機たるガンプラに仕上がっています。

メガコンストラックス マークⅠプロトタイプエクゾスーツ レビュー

ブロック系強化期間第四弾。 今回はミニフィグから更に発展して、フィギュアが着るアーマーといった様相のセットをレビューします。 一見フリーキーなデザインですが遊んでみると細かい部分まで考えられた逸品です。

メガコンストラックス ヘイロー ヘルメスハンマーパワーパック レビュー +レゴミニフィグとの比較

ブロック系強化期間第三弾。 メガコンストラックスにおけるミニフィギュアと武装のセットを遊んでいきます。 レゴとの思想の差に注目してみましょう。

メガコンストラックス ヘイロー スパルタングレナディアアーマーパック レビュー

ブロック系トイ強化期間第二弾。 メガブロックの新ラインであるメガコンストラックスよりヘイロースパルタングレナディアアーマーをレビューします。 極小可動フィギュア+アーマーセットという、刺さる人には何よりも嬉しい逸品です。

レゴ マーベル アイアンマン ミニセット レビュー ミニフィグのミニ復習

幾つかブロック系トイを入手したので、その第一弾として死蔵していたレゴミニフィグを復習していきます。 ごく小さなセットながらさすがレゴといった内容です。

アメイジング・ヤマグチ 013 アイアンマン ブリーディングエッジアーマー レビュー

今回はアメイジングヤマグチシリーズよりブリーディングエッジアーマーアイアンマンをレビューしてみようと思います。 遊び応え満点の内容で、ブロックトイ的側面を持つ極めて大掛かりトイとなっています。

トランスフォーマー SS-19 WWⅡバンブルビー レビュー 細かいディティールの洪水が見所

スタジオシリーズよりWWⅡバンブルビーを簡単にレビューします。 バンブルビーとしてはレア度の高い姿を高いレベルの造形で再現し、武装なども劇中に準拠したものになっています。

装動 仮面ライダーゼロワン AI 05 仮面ライダーサウザー レビュー 装動が第五弾になる時、黄金の戦士が誕生する

ゼロワン装動シリーズも第五弾。 今回はゼロワンからは一体がラインナップです。 あくまでゼロワン立体物のみを追っているので本レビューはサウザーのみです。

トランスフォーマー SS-20 サイドスワイプ レビュー 驚異の再現度を持つ完璧な一体

トランスフォーマースタジオシリーズよりサイドスワイプをレビューします。 劇中のスタイルを高い次元で再現し、可動と変形どちらも優れた逸品です。

30MM 1/144 eEXM-17 アルト(陸戦仕様) & オプションパーツセット1 レビュー

30MMシリーズにアルト陸戦仕様が参戦しました。 これまでの局地戦仕様機と同様に一箱で組み換えまで完結する満足度の高いキットとなっています。 今回は合わせてオプションパーツセット1でも遊んでいきます。

トランスフォーマー シージシリーズ SG-12 ハウンド レビュー

トランスフォーマーシージよりハウンドをレビューします。 地味ながら変形の程よい複雑さと十分な可動、充実の武装類など基本を全て押さえた内容に仕上がっています。

SO-DO CHRONICLE 層動 仮面ライダーオーズ COMBO CHANGE1 レビュー

今回は食玩、「層動」オーズを簡単にレビューしたいと思います。 ファンにはようやくといった感じで、再現度は高く、しかし一方で遊ぶ際に不便な部分があったりします。

ダイアクロン DA-47 トライヴァース トライディガー レビュー 初心者にこそオススメなシリーズ第三弾

ダイアクロントライヴァースシリーズも第三弾です。 トライヴァースの基本を締めくくるトライディガーは遊びやすさとダイナミックなギミックを兼ね備えた内容に仕上がっています。 いざトライヴァース小隊を完成させましょう。

S.H.Figuarts 仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー レビュー 令和最初のライダー、ハイエンドフィギュアにも登場

令和最初のライダーがフィギュアーツ化。 あたかも劇中のスーツであるかのような完成度です。 細部まで作り込まれたその姿とアクション性をレビューしてみます。

装動 仮面ライダーゼロワン AI 04 シャイニングアサルトホッパー & アサルトウルフ レビュー

順調にシリーズを重ねる装動ゼロワンも第四弾。 今回はシャイニングアサルトホッパーとアサルトウルフをサクッとレビューしてみたいと思います。

ハイパーファンクション LBXオーディーン レビュー 最新技術を投入され、8年越しの初登場

通常版オーディーンのリリースが2011年夏……実に長かった。 満を持してハイパーファンクションオーディーンが登場です。 待たされただけありギミック、プロポーションともに完璧な内容に仕上がっています。

30MM bEXM-15 ポルタノヴァ(宇宙仕様)[グレー] レビュー ポルタノヴァ版スターターセット登場

アルトに続きポルタノヴァも局地戦仕様に換装、グレーとホワイトを基調としたハードSFテイストの宇宙仕様となりました。 優秀な出来のポルタノヴァに独自パーツを付け足した形なので遊び応えも十分です。

月刊ホビージャパン2020年2月号 付録 エグゾフレーム レビュー 宇宙人によって配られている現代的プラモデル

オォブソリィー……組み立てが後手に回っていたオブソリートのエグゾフレームをレビューします。 付録と侮るなかれ、2020年リリース予定のプラモデル、その骨格にあたるものです。 つまりは(宇宙人が作った)最新キットの先行配布です。